山形のくだもの「まるつね果樹園」です。

こんばんは。まるつね果樹園の結城こずえです。

初めての投稿ですので、まずは自己紹介と果樹園の紹介をしたいと思います!

 

私自身のこと

私は長年、英会話関連の会社に勤めていましたが、一念発起しH27年より新規就農。両親と共に果樹園を営んでいます。(因みに旦那様は会社員です。) 今は、美味しい果物の育て方、経営、事務作業など、すべてが勉強の毎日です!

今年から、農林水産省が運営している“農業女子プロジェクト”にも参加しています。全国の農業女子メンバーの紹介がされているのですが、お時間あれば、ぜひ私を探してみてください(笑)

↓↓↓

http://nougyoujoshi.jp/member/index.html

 

まるつね果樹園のこと

当果樹園は、さくらんぼ、桃、大粒ぶどう、ラ・フランス、りんごと四季を通じて果物を栽培・販売しています。

約30年前までは、生産した果物の9割を農協や市場に出荷していました。しかし現在は9割以上(生産した果物のほとんど)を全国にいらっしゃるお客様に、直接取引をさせて頂いています。

その過程では、ネット販売をする訳でもなく、頂くご注文は電話かファックス。すべてはお客様から新たなお客様へと口コミで広まっていった結果なのです。それは長年ポリシーをもって果物作りをしてきた父母の努力の賜物でもあります。

では、なぜそのようなことが実現したのでしょうか?

それは、

「本当に美味しい果物をお客様に食べてもらいたい」という気持ちから、

「本当に美味しいと思える果物」を、作り続けてきたから。

 

だと私は思っています。

以下3つの秘密が、美味しい果物ができる所以であり両親のこだわり。そして当果樹園の特徴でもあります。

 

その① 【とにかくまずは土づくり!】

化学肥料はほとんど使用せず、有機質肥料を使い、美味しい果物が育つ土づくりにこだわっています。

 

その② 【樹上完熟収穫!】

やはり果物は完熟が美味しい!例えばりんご。近くの農家で収穫が始まっても、うちはまだ収穫しません。それは、じっくり時間をかけてたっぷり蜜が詰まるのを待つからです。樹上完熟したりんごは、香りがありとても美味しいからです。蜜が入れば長く置くと腐れやすい為、棚持ちを良くするためには少し早めに収穫する必要もあるのですが、そこは妥協しません。

DSC_0118

 

その③ 【果物栽培に最適の土地です】

果樹園は山間部ですので、山裾のきれいな伏流水で育ちます。そして、寒暖の差がある気候でストレスを受けた果実は、香りが出て味も良くなります。果樹栽培に適した土地で、自然の恵みを頂いています。

 

いかがでしたでしょうか? そして何より・・・

愛情を込めて果物作りをしていることも大きなエッセンスです!

 

明日もお客様に“美味しい!”と笑顔になって頂けるよう、心を込めてさくらんぼの手入れを一粒一粒させて頂きます。

 

では、また次回お逢いしましょう!

 

まるつね果樹園 フェイスブックページ

https://www.facebook.com/marutsunefarm/

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください