桃のマチェドニア(イタリア版フルーツポンチ)

こんにちは。まるつね果樹園の結城こずえです。桃の出荷も今日、明日でいよいよ終了します。そんな中、イタリアの家庭料理を習いデザートの“桃のマチェドニア”も作ってみましたよ。

地元の野菜、フルーツをたっぷり使ったイタリア料理

昨日、天童市が主催するレディースアグリセミナーに参加し、イタリアの家庭料理を教えて頂きました。教えてくださったのは、イタリアに5年住んでイタリア料理を学び、本場のマンマのところでも修行をしていた、イタリア料理教室 ラ・ミア・タボーラ主催の三橋弘子先生。お話も楽しくとっても丁寧に教えていただきました。

そして、みんなで作ったお品がコチラ! 

FullSizeRender (6)

左上の麦茶の隣にひっそり?あるのが“桃のパンナコッタ マチェドニア添え”です。

マチェドニアとは、イタリア版のフルーツポンチのようなものだそうです。いろんなフルーツで作れます。

この日作ったお料理は、地元の野菜と果物をたっぷり使った超ヘルシー料理4品。

 

Zuppa ネギカブの冷製スープ   

ネギとカブ以外にも、季節の野菜で応用の利くスープ。夏は冷たく冬は温かくして。私は枝豆で挑戦してみようと思います。

Antipasto カポナータ イタリア風野菜煮込み

南イタリアの家庭の味なんだそうです。オムレツに添えたりパスタと和えたりととっても便利な常備菜。

Primo Piatto  お米のサラダ

南イタリアの定番料理。白ワインビネガーやスパイスも入っているので食欲をそそり夏にぴったり!美味!

Dolce 桃のパンナコッタ

パンナは生クリーム、コッタは煮た、という意味のお菓子。桃のマチェドニアをのせて頂きました。

 

どうでしょう!使っているのは、どこの家庭にもある夏野菜とフルーツで、こんなおしゃれな食事ができてしまいました!

私が作る食事は、ほぼ和食中心なので、こういう機会は料理担当の刺激になりとても良かったです。

 

桃のマチェドニアって??

やはり、うちは果樹園なので、桃をどう調理するのかとても気になりました。教えて頂いたことをこちらでシェアしますね。

今回のドルチェは、牛乳と生クリームで作ったパンナコッタに桃のマチェドニアをのせて頂きました

“桃のマチェドニア”とは、果物に砂糖や洋酒、レモン汁でマリネした洋風フルーツポンチ。イタリアの人は、洋酒をワインやスプマンテ(発泡性ワイン)を使ったり、お子さん用には炭酸のジュースを使ったりするそうです。パーティーやお子さんたちのお誕生日会、おもてなし料理に良いですね!

作り方はとても簡単でした。

まずパンナコッタは、生クリーム200㏄と牛乳150㏄とグラニュー糖25gをとろ火にかけて、ゼラチンを加えます。そのあとキルシュ(リキュール)を加え冷蔵庫で冷やし固めます。

マチェドニアは、フルーツを食べやすい大きさに切り、レモン汁とキルシュ(リキュール)、グラニュー糖に30分ほど漬け込みます。(今回は桃と葡萄を使いました) 

固まったパンナコッタにマチェドニアを乗せて完成です!

FullSizeRender (5)

桃のマリネは以前もこちらのブログで紹介していますが、今回教えてもらったレシピでは、キルシュというさくらんぼのリキュールを使っています。

こちらがキルシュ。

IMG_2364

こちら、近くでは見当たらないので私はAmazonパントリーで購入しました(笑)

キルシュをパンナコッタ液にも入れて、マチェドニアにも入れましたが、これ数滴いれるだけで“プロの味”に近くなりました^^

 

たまには、お料理を教えてもらい、普段作らないジャンルの料理を挑戦してみるのも楽しいな、と思った一日でした。必ず学びもあります。

機会があればぜひお試しください!

 

『なごなごのメルマガ』始まります!

なごなごメルマガバナー@緑

 

まるつね果樹園の最新情報はこちらから。

https://www.facebook.com/marutsunefarm/

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中