内臓機能 VS スリングヨガ®

こんにちは♪♪

Sling Yoga Studio Wee / Body care salon mizizi

インストラクターの井上勝文(カッちゃん)です。

今回はVSシリーズ第六弾♪♪

『内臓機能 VS スリングヨガ®️』

果たして軍配はどちらにあかるのか??

スリングヨガ®を導入して約半年。

お客様のカラダの不調に関する声がドンドン集まってきました!

その中で特に多いのがこちら↓↓

①肩こり ②腰痛 ③便秘 ④生理痛 ⑤冷え性

これまでVSシリーズでは、目に見える姿勢・筋の固さ・コリなどから生じる身体の不調についてお話ししてきましたが、前回のメンタルに続き、カラダの内部に目を向けてみました。

 

さて、まずは内臓機能の簡単なご説明から↓↓

我々人間は食べ物を摂取し、それを消化しながら栄養を吸収する(消化器)。不要物を排泄して栄養分を処理する(泌尿器)。酸素を補充して血液を送り出す(呼吸器・循環器)。といった役割を内臓は担っています。

内臓は骨・筋肉・腹膜により保護され、適切な位置を保ちながら、自律神経により調整されてそれぞれの働きを行っています。

生活習慣によって内臓機能は低下し、ストレスにより自律神経は乱れ、カラダは日々悲鳴をあげているかも。。。

内臓機能低下により生じる症状の流れ↓↓

・姿勢の乱れ、筋肉の弱化により内臓位置が悪くなる⇒血流が悪くなる⇒機能低下

・自律神経の乱れにより内臓機能の調律が悪くなる

・細胞が栄養不足になる⇒むくみ・便秘・コリ・疲労感などなど

・腸内活動が低下⇒便秘⇒老廃物の貯留⇒不調⇒ホルモンバランスの乱れ⇒生理痛

『すべての不調は内臓機能から起きているといっても過言ではないほど、大事なんです。。。』

腰痛体操2

これに対するスリングヨガ®の効果がこちら↓↓(特に逆転のポーズ♪♪)

・重力によって圧迫された内臓を解放

・体液の流れの改善⇒細胞の代謝UP⇒骨・筋・皮膚・内臓機能すべてが改善♪

・呼吸によって横隔膜が動き、これに伴い臓器が動く動くっ♪♪

・瞑想・呼吸によってストレスから解放⇒自律神経が整う

*即自的にお腹の拍動が感じられ、ギュルルーと腸の動きが感じられます*

 

体験されたお客様の声がこちら↓↓

・便通が良くなった

・生理痛がかるくなった

・お肌の調子がよくなった

・お腹がすくようになった

・二日酔いしにくくなった

などなど。内臓機能、改善されてますねーーーーー♪♪

二次的に色んな効果も出ています♪♪

やるなあ。スリングヨガ!!

 

内臓機能 VS スリングヨガ®
『WINNER:スリングヨガーーーーー!!!』

カラダの内面から整えます♪♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

なごなごメルマガバナー@緑

ただいま、なごなごメルマガの発行準備を進めています。メルマガの登録はコチラから↑↑↑

 

☆Body care salon mizizi (ミジジ)
HP:http://www.mizizi.net (現在メンテナンス中)
FB page:https://www.facebook.com/mizizi.yamagata/

☆Sling Yoga Studio Wee (ウィー)
HP:http://miziziyamagata.wix.com/mysite
Instagram:slingyoga_wee ← 是非フォローお願いします(*^^*)

住所:山形県山形市馬見ヶ崎一丁目13-20
電話:023-665-5948 ←固定電話つきました♪♪
メール:yamagata@mizizi.info
(施術中・レッスン中は電話に出れません。メールでのお問い合わせをお願いします。)

受け付け時間:9:30~20:30
定休日:日曜日/祝日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中