暖房 VS スリングヨガ®

こんにちは♪♪

Sling Yoga Studio Wee / Body care salon mizizi

インストラクターの井上勝文(カッちゃん)です。

今回はVS シリーズ第14弾♪♪

『暖房 VS スリングヨガ®』

冷え性に続いて、さむーーーい冬に向けたこの勝負。。。

果たして軍配はどちらにあがるのか??

前回のVSシリーズ、

『冷え性 VS スリングヨガ®』

では、なぜ冷え性が起きるのか?といった内容を中心にお届けしましたが、

そもそも、身体が冷えると何が悪いの??

 

〇人間の起源は熱帯地域

300万年前にアフリカで発生したと言われています。他の動物と比べて体毛がないのはその為。

つまり、暑さに耐えるため体温を下げる機能は備わっているが、寒さに対しては非常に弱い遺伝子ということですねー。。。

〇身体が冷えると起きること

免疫機能の低下⇒色んな病気にかかりやすくなる

実際、冬にはあらゆる病気の死亡率が高くなっています。特に1日のうちでも外気温や体温がもっとも低くなる午前3~5時がもっとも死亡率が高い時間帯なんてデータも出ています。

〇健康な人の体温について

一般的に健康な方の体温は36.5℃

⇒0.5℃下がって36℃になると、体温を上げるため震えが起き始めます。

⇒35℃はがん細胞が最も増殖しやすい温度とも言われています。

⇒30度で意識が消失。29度で瞳孔が拡大してしまいます。

このように体温が0.5度下がるだけでも深刻な影響があります。死に近づくわけです。。。怖い。。。

〇体温を上げるために

・厚着をする(重ね着・重ね履き)

・部屋を暖かくする

・暖かいものを摂取する

手っ取り早いこの方法、ですがこれだけでは根本が改善されないのも事実。

体のなかでもっとも熱産生が多いのは骨格筋です。

筋肉を鍛えて、常に運動することで身体の中からあっためるのが大切!!

・筋肉量が多くなる

⇒基礎代謝がアップ

⇒じっとしていても寝ているときでも体温が上がっているためぽかぽか♪♪

〇効果的な運動方法は??

ウォーキングやジョギングなどの全身運動は間違いなく効果的です。

要は局所の筋トレよりも、立って全身を動かすこと!!

足先の血液は下腿の筋肉を使うことでギュンギュン全身をめぐり、

酸素をたくさん含んだ血液が全身を効率よく巡ることで細胞が元気になります♪♪

 

Sling Yoga Studio Weeでは最初暖房をつけていますが、

動いているうちにダラダラ汗をかき始めるため速攻で消します(笑)

だってスタジオ中のガラスが皆さんの熱気でくもり出すから(笑)

それだけ身体の中からあったまるということーー♪♪

 

暖房 VS スリングヨガ®
『WINNER:スリングヨガーーーーー!!!』

寒い冬もスリングヨガで乗り切っちゃいましょーーー♪♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

なごなごメルマガバナー@緑

ただいま、なごなごメルマガの発行準備を進めています。メルマガの登録はコチラから↑↑↑

 

☆Body care salon mizizi (ミジジ)
HP:http://www.mizizi.net (現在メンテナンス中)
FB page:https://www.facebook.com/mizizi.yamagata/

☆Sling Yoga Studio Wee (ウィー)
HP:http://miziziyamagata.wix.com/mysite
Instagram:slingyoga_wee ← 是非フォローお願いします(*^^*)

住所:山形県山形市馬見ヶ崎一丁目13-20
電話:023-665-5948
メール:yamagata@mizizi.info
(施術中・レッスン中は電話に出れません。メールでのお問い合わせをお願いします。)

受け付け時間:9:30~20:30
定休日:日曜日/祝日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中