「ラ・フランス」食べ頃の見極め方

 

 

今が旬の「ラ・フランス」ですが、皆さんは今年もう召し上がりましたか?

 

美味しく召し上がっていただくために、

最も重要と言っても過言ではない『食べ頃の見極め方』をご紹介します!

 

◆「ラ・フランス」の食べ頃の見極め方

「ラ・フランス」特有の芳醇な香りの正体は、酢酸エステル類、アルコール類、アルデヒド類という物質で、これらは冷蔵庫から出庫後、少しずつじわりじわりと増加し、食べごろの4日間くらいの間が最も多くなります。

 

生産者としては、ぜひこの期間中に味わって頂きたい!そして、ラ・フランスを召し上がって頂くことで幸せな時間を過ごして頂きたいと思ってます。

 

以下を参考にして、ぜひ山形の秋の味覚をお楽しみください!

 

※固いラ・フランスを追熟させる場合は、冷蔵庫に入れずに常温で柔らかくなるまで置いてく    ださいね。 柔らかくなったラ・フランスは冷蔵庫に入れてOKです!

 

 

◆食べ頃のサインはこちら

①肩(軸の周りの盛り上がった部分)が柔らかくなりシワがよってきます。

そっと、軸の周りを押してみると少し柔らかくなっている状態です。

IMG_3180

②果実を手で包み込むようにして持った場合、しっとりと手になじんできます。

IMG_1697

③スッと包丁が入る位の柔らかさであれば最高の食べごろです!

IMG_3184

ジューシーで果肉も固すぎず、やわらかすぎず、

 

さあ、召し上がれ!

 

IMG_2892

 

 

◆食べ頃になってからの保管方法は?

ラ・フランスがたくさんある場合は、熟してからの傷みが心配ですよね。

その際、熟した果実は冷蔵庫に入れて保管してください。

1週間くらいは美味しい状態で保管することができますよ。

 

ではまた(^^♪

 

IMG_1425

 

 

 

まるつね果樹園の最新情報はこちらから。

 

http://marutsunefarm.com/

https://www.facebook.com/marutsunefarm/

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中