あたりまえの日常を過ごせるありがたみ

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。
今日はちょっとプライベートな話ですが…

先週、一生忘れられない出来事がありました。
それは、娘の入院と手術です。

28056750_1794588843967782_7461269495417383420_n.jpg

手術前日。病院でお絵かき

◆左目の上に腫瘍ができた

別に娘は病気だったわけでもなく、
骨折とかの大怪我をしたわけでもありません。
娘は手術の前も後も、とっても元気です^^

なぜ、入院・手術が必要だったかというと、
昨年12月上旬頃から出来た、左目の上の腫瘍が原因です。

最初はちょっとぶつけたのかな?という程度だったのですが、
日に日に膨らみが大きくなり、炎症を起こしているのか、
膨らみが黄色や紫色になる日もでてきました。

12月中に皮膚科に行ってみたところ、

「良性の腫瘍で害はないですが、まだ大きくなるかもしれません」

良性の腫瘍という診断で、ひとまずは安心したのですが、
その後も、腫瘍は目に見えて大きくなっていったので、
早めに取ってあげようと思い、大学病院での摘出手術となりました。

◆全身麻酔での手術

本来であれば、部分麻酔での摘出も可能だそうなのですが、
いかんせん、左目の上という場所が場所だけに、
手術中に動いた時が怖い…(4歳では、じっとしてて!と言っても無理な話で…)

なので、麻酔で動かない間に摘出してもらえるよう、
全身麻酔での手術を選択しました。

ただ、全身麻酔での手術となると、
入院の手続きやら入院前の検査やらでこれもまた一苦労。

「検査を頑張ったら美味しい物を食べに行くからね!」

と、励ましながらの入院準備でした。

でも、何より心配だったのは、やっぱり全身麻酔の影響です。

◆もし、起きなかったらどうしよう…

「麻酔が効きすぎて、そのまま起きなかったらどうしよう…」

そんな不安はどうしても頭の片隅にありました。

大病を患ってるわけではないんだから大丈夫!と、
自分に言い聞かせはしていても、やっぱり不安はぬぐい切れるものではありません。

手術が無事に終わったという連絡をもらい、
病室に駆け付けて娘の顔を見た時は、本当に心の底から安心しました。

◆日常をあたりまえに過ごせる幸せ

28056164_1794588817301118_7146817635760629957_n.jpg

自宅でのんびり過ごせる幸せ

幸い、手術は2時間足らずで予定よりも早く終わりました。

術後も順調で、手術前に聞いた説明よりも腫れや紫斑は少なく、
手術の翌日には退院することができました。

小さい体で頑張った娘を思いっきりほめてあげたいし、
身重の体で病室で付き添いをしてくれた妻にも感謝です。

病院から自宅に帰ってのびのびと過ごし、
退院祝いに来てくれたじぃじとばぁばに楽しく遊んでもらい、
食卓を家族で笑顔で囲んで食事をとり、お風呂に入って歯磨きをして、
ベッドに3人並んでぐっすり眠る。

そんな、あたりまえと思っていた日常を、
あたりまえに過ごせることって、
本当にありがたいことなんですね。

自分が体調を崩した時もそう思いましたが、
今回の方が、その想いはより強く感じました。

なかなか大変なここ数カ月だったけど、
この機会を与えてくれた娘に感謝。そして、家族に感謝です。

p.s
これまで毎週月曜日に書いていましたが、
今週から木曜日に書かせて頂くことになりました^^

また、お米に関することも書いていくので、
引き続きよろしくお願いします!

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

 

尾形家のごはんのお供シリーズ4・塩

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

先週、ミルキークイーンの記事を書いたあと
1つ大事なことを書き忘れていたことに気づきました。

それは…

ミルキークイーンは塩で食べると美味い!かなり美味い!

です!

ということで、
久々の尾形家ごはんのお供シリーズはです。

1BA7B8E5-8248-4230-937F-2BB1BDCEBBA0

尾形家で使っている塩は2種類

◆尾形家の塩は藻塩とレモン塩の2種類

尾形家では2種類の塩があります。

1つは山形県の庄内浜で作られた藻塩。
もう1つは星の汐という広島のレモン風味の付いた塩。

―藻塩の特徴

09BE314E-7B5A-4579-A367-9D599D55D68E

藻塩が無くなると、この味が恋しくなって買いに走ります

それぞれの塩には特徴があって、
藻塩は陳腐な言葉だけど、とにかく美味しい。
ただしょっぱいだけじゃなくて、旨みがある塩なんです。

おにぎりにつけても美味しいし、
豆腐とかにかけても美味しいし、
もちろん、料理に使ってもらっても美味しい。

ちなみに我が家の4歳の娘もこの藻塩が大好きで、

父「今日のごはんには何かけて食べる?」

と聞くと、

娘「おしお!」

と答える位の愛用っぷり(笑)
藻塩を切らすと、この味が恋しくなって、
わざわざ藻塩を買いに行ってしまう位、尾形家の愛用品となっています。

―星の汐の特徴

EE478E51-1AAE-4135-8B7A-22EC9EBA03BC

もう一つ、星の汐の方は、
妻のお友達(広島県出身)から頂きました。

名前の通り、砂浜で見られる星の砂のように粒が大きい粗塩で、
カリッとした食感がするお塩です。

旨みは藻塩の方が上かなと思うのですが、
この食感とダイレクトなしょっぱさが病みつきになり、
個人的には、ごはんのお供にするなら星の汐を選ぶ時が多いです。

ちなみに最初はレモン風味も付いていたのですが、
頂いてからだいぶ時間が経ったので、
今ではレモン風味は飛んでしまいました^^;

別に拘ってるわけではないんですけど、
結果的に2つの塩を使い分けている尾形家です。

で、どちらの塩もミルキークイーンと凄く合うんですよね。
どの品種でも美味しいけど、夢ごこちとかミルキークイーンなどの
低アミロース米は特に、塩との相性が良い気がしています。

◆なぜ、ごはんにお塩を付け始めたのか?

A9B73479-19CF-4071-83F2-C370324E2EB8

いつから人類はおにぎりに塩をつけはじめたのか…

おにぎりを作る時には必ずと言ってよいほど、塩をつけますよね。

もはや、当たり前のようになっていて、
疑問にすら思わなかったのですが、この機会に、
なぜ人は、おにぎりを作る際に塩を付け始めたのかを探ってみました。

◆弥生時代から作られていたらしい、おにぎり弁当

おにぎりの起源について検索してみると、
どうやら弥生時代の遺跡から、炭化したおにぎりのような物が発見されたこともあるとか。
稲作が始まった2,000年以上前から、日本人とおにぎりの付き合いは始まっていたんですね。

●おにぎりに塩を付ける理由①:保存・殺菌のため

そして、弥生時代に作られていたおにぎりの用途も、
現代と変わらず携行食として活用されていたようです。
携行するには保存性も大事!ということで、
塩をつけることで殺菌効果を高め、保存しやすくしたという説が有力なようですね。

●おにぎりに塩を付ける理由2:厄除けの清めの塩

こちらも一説によると、
おにぎりの名前の由来は「鬼切り」という言葉なんだとか。

出掛ける時に鬼(災難)に合わないよう、
携行食のおにぎりに、清めの塩として塩をつけたのが由来とも…
諸説あるようですが、興味深いですね^^

●おにぎりに塩を付ける理由3:美味しい

個人的には最初の最初はこれだろうなと思います(笑)
塩を付けたら、細かい理由とか由来なんてどうでも良い位、
おにぎりは美味しいですよね^^

◆今日のまとめ

ということで今日は、ごはんのお供から脱線して、
人類がごはんに塩を付け始めた理由とおにぎりの由来を探ってしまいました^^;

お米も塩も日本人には切っても切り離せない関係で、
日本人のDNAに刷り込まれた味覚があるんだろうなと。

そんな感想で、今日の投稿を終えたいと思います。

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================