「からっぽ」懸念

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

先週末、また、大蔵村に仕入れに行ってきました。

先月の投稿で、
恐らく28年産最後の仕入れ…と書いていたのですが、
ありがたいことに、例年以上のご注文を頂けているので、
この度、追加の仕入れとなりました^^
(お客様にも生産者さんにも感謝感謝です)

◆気になる29年産米の生育状況…

稲の花

8月は稲の花が咲き、稲穂が出始める(出穂)時期

東京では8月に入ってから19日連続での降雨を観測だったり、
お隣の宮城県では8月の日照時間が20時間も無かったりと、
夏はどこにいった!?という感じの今年の8月…

山形も、時折、太陽が顔を出し、気温が上がる日はあるものの、
やはり例年と比べると、相当涼しい夏になっています。

こうなってくると心配なのが、
今年の稲の生育状況です。

各地の農家さんの所に行く度に、
生育状況を伺っていますが、
今年は4月~6月も比較的低温だったので、
全体的に成長が遅いという話ばかり…

で、今回の大蔵村の農家さんに話を聞いてみても、
やはり、「生育は遅れている」という回答でした。

◆「からっぽ」の懸念

「天気は悪くても、気温はそこそこ上がっていたから、
ここまでの生育はまぁ悪くはないんだけど、
 出穗(しゅっすい)してからがね…

日照時間が短いと、稲穂が実り切らなくて、
“”からっぽ(空っ穂)””が増えるかもしれない。
前に一度、そんな年があった。平成5年かな…

これからの天候次第だけど…
おそらく、新米の収穫は遅れると思います。」

生産者さんの話をまとめるとこんな感じで、
「からっぽ」の懸念をされていました。

◆大冷害にならないよう、願うばかり…

地域差もあるとは思いますが、
山形では8月が出穂(稲が穂を出すこと)の時期です。

穂を出してから収穫までの目安として、
一日の平均気温を足していき、
積算で一定の温度に達したら収穫する。
「積算温度」という、一種の基準です。

日照時間が短いと気温が上がらず、
10月の収穫期になっても一定の積算温度に達せず、
穂が実り切らなくて、空の穗が増える…

という状態が「からっぽ」だそうです。
今年はその懸念があるとのこと。

そして、平成5年(1993年)といえば、
大冷害による凶作の年で、タイ米やカリフォルニア米などの
海外のお米が輸入された、あの年です。
(自分もタイ米を食べたのを覚えています)

タイ米

タイ米も食べ方次第では美味しいけど…できれば、輸入しなくても済むように…

天候ばかりはどうしようもないのですが、
これからの天候の回復を期待して、
大冷害にならないように、願うばかりです。

今後も、新米までの生育状況に関して、
何か情報が入ったら、逐次、ご案内していきますね。

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

お盆休み中

山形米の専門店 尾形米穀店 尾形雄司です。

尾形米穀店も昨日からお盆休み。今日から仙台の妻の実家に来ています^ ^

IMG_3156

ケーキを頬張る娘

ここの所、慌ただしい日が続いていて、家族の時間も充分に取れていないので、今日・明日位は家族との時間に充てたいと思います。

皆さんも、良いお盆をお過ごしください^ ^

だし作りにチャレンジ!

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

昨日は久しぶりに家族と過ごす週末。
家族で花笠祭りに連れて行ったり、
プールに行ったりして過ごしました。

その後、ひょんなことから
チャレンジしてみることになったのが、
山形の夏の風物詩「だし」づくり。

◆「山形のだし」とは?

「山形のだし」を改めてご紹介すると…

ナス・キュウリ・ミョウガ・大葉・ネギなどの夏野菜を細かく刻んで、
なっとう昆布やおくらなどでネバネバを加えて、醤油等で味をつける。
そんなシンプルな料理が、山形の「だし」です。

  • ほかほかの白いご飯にぶっかけて良し
  • 蕎麦やそうめんに直接ぶっかけても良し
  • 薬味としてそばつゆに入れても良し
  • 冷奴にのせて、酒の肴としても良し
  • もちろんそのまま食べても良し

など、色々な食べ方ができます。

夏バテを予防する効果のある夏野菜を一度に摂取できるので、
酷暑で知られる山形の夏を乗り切る為の、
必須の料理と言っても過言ではないかもしれません。

◆だしの作り方→「ちっちゃく切ればOK!」

で、正直に言えば、
料理はほとんどできないのですが…^^;

妻からの「ちっちゃく切ればOK!」という、
ありがたいアドバイス?を参考に、
チャレンジしてみると…

きゅうり → とりあえず2本位みじん切り。切り方解らないけど、切れたから良し。
ナス   → 1本切って、みじん切り。きゅうりより切りやすい。
みょうが → 品切れ
大葉   → 5枚を刻み続けていたら、ペースト状になりかけて焦る。けど切れた。
ネギ   → 皮の剥き方解らず苦戦。誤って大量に切ってしまいそうだったけど、
「ちょっとでいいから」という妻からの助言で救われる

だし作り

ぎこちない包丁さばき(笑)

と言った感じで材料をとにかく細かくみじん切りして、
なっとう昆布とみじん切りした野菜を混ぜ合わせ、
適当に醤油を掛けて完成!

はじめて、自分でだしを作ることができました^^
ほぼほぼ、きゅうり2本とナス1本だけなのに、
こんなにも容量が増えるんですね!作ってみてビックリ。

IMG_3147

こんなに増えた

肝心のお味も、妻や娘にも
「おいしい♪」と言ってもらえて、一安心。

それにしても、料理を作るのって大変ですね…
一品だけでもくたびれてしまったのに、
いつも栄養バランスを考慮しながら、
数品作ってくれる妻に、改めて感謝するのでした。

◆だしを食べて、夏を乗り切りましょう!

というわけで、
料理をしたことのない自分でも、
かんたんに作れる「山形のだし」。

材料に変わった物はないので、
きっと、山形以外でも作れると思います。

まだまだ暑さは続きますが、
「だし」を食べると、夏バテ予防にも効果があるので、
ぜひ、「だし」を作って、たくさん食べて、
夏を乗り切ってくださいね^^

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

弾丸!九州登山旅

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

◆百名山82座目・祖母山(1756m)

先週末から休みをもらい、
mizizi のかっちゃんとお友達のMさんと一緒に、
27日の夜から、車で登山旅に出かけてきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

当初の予定では、
岐阜県の新穂高から北アルプスの槍ヶ岳に登る予定だったのですが、
前日の夕方に落石があったらしく、まさかの通行止め!

強い雨も降り続いていたので、かなり大幅に予定を変更し、
最終的に大分県の未登の百名山・祖母山(1,756m)を目指す大旅行となりました^ ^;

旅行の詳細は割愛するとして、
祖母山も無事に登頂(百名山登頂が82座目になりました)し、
先ほど山形に帰ってきました。

◆ご当地食材も旅の楽しみ

旅の楽しみの一つに、その土地の美味しい物を食べる!ということがありますよね。

今回の旅でも出来るだけ地元の名物を食べるようにしましたし、
車窓から田畑を眺めたり、道の駅の産直で旬の食材を見たりもしていると、
なんとなく、山形との違いや、その土地の農作物の特徴が見えてきます。

さらに、登山なんかしていると、
山の植生や湧き水を身をもって体感できるので、
その土地のことをより深く知ることができます。
(登山後に食べる地元食材が美味しいのは言うまでもありません・笑)

◆大分のお米が上手かった

今回の旅行で、食の観点で印象的だったのは2点。

まずは、大分県で食べたお米が美味しかったこと。
実は、大分県では、量は少ないようですが、
「つや姫」が栽培されています。

また、西日本で最もポピュラーな品種の
「ヒノヒカリ」の産地としても知られています。

色んな所で湧出していた豊富な湧水も、
お米の味の良さにも繋がっているのかもしれません。

もう1点、興味深かったのは、
西日本の稲穂の成長の早さです。

既に稲穂が膨らみ始めている田んぼがあってビックリ。
東北より西日本の方が収穫が早いのは当然知ってはいましたが、
実際に目の当たりにすると、印象がまた違いますね。

仕入れ先の農家さんから、
「朝晩の寒暖の差が出ることで、お米の旨みが凝縮されてくる」
という話を聞いていたので、

寒暖差が激しくないままに実るお米の味がどうなるのか?
とても気になるところです。

◆やっぱり旅は良いですね

何だか、
とりとめのない話になりそうなのでまとめると、
やっぱり旅は良いですね♩ということですね(笑)

実際に見て・触れて、肌で感じる情報が刺激的で、
身体は確かにつかれるのですが、精神的に満たされて、
行動力がみなぎってきます。

これからも一生の趣味として、
家族や友人と、または時には1人で、
旅をしていきたいな~と、改めて思うのでした。

p.s

IMG_3122

ライトアップでラブラブのかっちゃんとMさん(笑)ありがとう!

「雄司さんの登っていない山に行きましょう!」

というノリと勢いだけで九州まで付き合ってくれた(笑)
井上さんとMさん、本当にありがとう!また行きましょう!

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

肥沃な土壌に植えてはいけない米

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

◆大蔵村にお米の仕入れ

昨日は休日でしたが、
ミルキークイーンの在庫がなくなりそうだったので、
大蔵村へ平成28年産米の最後の仕入れに行ってきました。

IMG_3051

大蔵村にミルキークイーンとつや姫の仕入れに

7月上旬までは冷夏傾向だったのが、
先々週からは一転して酷暑が続いていたので、
稲の生育状況がちょっと心配でしたが、

「天候が全く読めないけど、今のところは大丈夫。」

との生産者さんのお言葉に、まずは一安心。
早いもので、あと2ヶ月半位で収穫の時期になりますが、
とにかく無事に育ってくれるよう願うばかりです。

◆肥沃な土壌に植えてはいけない

山形米の専門店 尾形米穀店では、
大蔵村の生産者・柿崎さんからは、
つや姫とミルキークイーンを仕入れています。

柿崎さん曰く、この2品種は、
植える土壌選びが大切なんだそうです。

つや姫は、栽培特性上、
稲の背丈が低くてしっかりしているので、
肥沃な土壌に植えても背丈が伸びず、
稲が倒れづらいらしいのですが、

稲の背丈が伸びやすいミルキークイーンを
肥沃な土壌に植えると、稲の背丈が伸びて収穫期に倒れやすくなり、
収穫量も品質も落ちてしまうんだとか。

そのため、大蔵村の柿崎さんは、
つや姫は川沿いの河岸段丘上の肥沃な土壌の田んぼに植え、
平野部の肥沃すぎない土壌の所に、
ミルキークイーンを植えているとのこと。

◆こだわりの結果は最上地域・最優秀賞

「土作りには人一倍こだわっている」

という、柿崎さんならではのこだわりは
「最上地域のお米の最優秀賞受賞」という結果となって、
如実に現れています。

尾形米穀店のネット販売でも、
皇室献上米に次いで人気の高いお米なので、
機会があれば是非、お試しください^^

p.s

IMG_3052

岩神権現スギと岩神権現クロベ

昨日は仕入れの後も少し時間の余裕があったので、
大蔵村の巨木・岩神権現スギと岩神権現クロベにご挨拶してきました。

スラッと伸びる端正なスギと、
太い根っこから数本の幹が伸びるクロベ。

やっぱり、巨木は独特の雰囲気と存在感があって良いですね。
巨木からしっかりと元気をもらってきました^^

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

公園に来ています

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

今日は祝日・海の日ですね。
お店もお休みなので、手短に…

◆尾形家憩いのスポット・弓張平植物園区

IMG_3024

 

というわけで、
今日は家族で山形県の中央部・西川町に来ています。

独身時代から、
月山や朝日連峰に登りにいく度に
お世話になっている西川町。

結婚して、子供が生まれてからも、
尾形家の憩いのスポットになっています。

特に、毎年夏場に必ず訪れる場所がココ!
弓張平植物園区です。

弓張平は広大な敷地内に、
キャンプ場・体育館・運動場等を備えており、
その一角に植物園区という公園があります。

普通の公園と違って、山野草も見ることができ、
一面に芝生が広がる中、山から吹き下ろす風が吹き抜ける、
とても居心地の良い場所です。

IMG_3031

さらに、子供が遊べる遊具や迷路、
水遊びができる川などもあり、
この時期は暑さも忘れて、一日中遊んでいられます。

IMG_3034

次回のなごなご交流祭は暑い中での開催になりそうなので、
ここ、弓張平でできないかとひっそりと考え中(笑)

でも、本当に良い場所なので、
もし、西川町を訪れる機会があれば、ぜひ立ち寄ってみて下さい。
オススメです^^

IMG_3023.JPG

p.s
公園で遊んだ後は、近くの志津温泉で汗を流すのもよいですよ^^
どこの温泉に入って帰るかを考えるのも、山形でのお出かけの楽しみです♪

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

七夕☆願いは骨繋がれ(;´∀`)

こんにちは。五つ星おこめマイスター尾形です。

今日は7月7日七夕。

織姫と彦星が会うことのできる年に1回の日。

ロマンチックなお話ですが、

恋人であれ夫婦であれ、はたまた家族であったり友達だとしても、

会いたい人と年1回しか会えないのはやっぱり少ないと思う、

私は寂しがり屋のアラフォーです(;´∀`)

さて、お星さまに願いをするとしたら、

「早く骨折が治りますように」

不覚にも左手を骨折いたしました。

DSC_9339

原因はあまりにも愚かなので伏せておきますが、

不便極まりない。

この暑いのに晩酌もできんし、飲み会もたくさん入っていたのに(´;ω;`)ウゥゥ

怪我はいろいろと予定を狂わせます。

皆様、どうかお気を付けください<m(__)m>

大江町の清水さんの圃場に行ってきました。

 

IMG_4401

 

毎年の恒例行事、清水さんの圃場検査立会いに行ってきました。

目の前に広がる水田は緑も鮮やかで心が洗われます。

慣行栽培から農薬を大幅に減らして栽培される清水さんの田んぼには

水辺の生き物もたくさんいるそうで、車から降りるとじゃぶじゃぶと

ちいさな水しぶきがいくつも起こります。

さっそくオタマジャクシも発見できました。

IMG_4400

生育状況は低温が続いた割には順調とのこと。

毎年美味しいお米を作ってくださるのですが、

自然が相手なので前年よりも味は落ちることもあると清水さんはいいます。

「毎年最高の味なんてできない、だからその年その年の味を味わってほしい。」

こういう真面目で正直な人柄がお米にも不思議と現れるんですね。

IMG_4412

IMG_4410

夢ごこち 美味しいお米になりますように

今年も【夢ごこち】【つや姫】【コシヒカリ】【ひとめぼれ】の4品種を

栽培しています。ちょっと入荷は遅めですが、29年産新米をどうぞ

お楽しみに(^_-)-☆

今週もお読みいただきありがとうございました。

暑い日が増えて店のエアコンも稼働が増えましたが

それまで事務所で寝ていた看板猫サンちゃんがあまり寄り付かなくなりました。

暑くても自然の空気がいいんですかね(笑)

DSC_9347

外の空いた紙袋の上でゴロゴロしています。

皆様も体調など崩されないよう梅雨、夏を乗り切りましょう( `ー´)ノ

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

 

山形・夏の食べ物風物詩「かき氷」

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

◆久しぶりの休日

昨日は久しぶりに、
休日でも予定を入れずに、
家族と過ごす休みにしました。

_SDI1309

前に撮ったやつですが…蔵王の湧き水

早朝から山形県内一斉草刈りで川原の草を刈ったり、
菜園で伸びてきたスギナ様を抜いたり、
蔵王にお気に入りの湧水を汲みに行ったり、
処理できていなかった薪を仕分けしたり、

休日でも、ほぼほぼ作業中心でしたが、
久しぶりに身体を動かして、
なかなか充実した休日を過ごせました^^

◆「氷すい」初体験♪

そんな作業の合間に訪れたのが、
上山市内にある山城屋さん。

山城屋さん

山城屋さんのHPより抜粋しました

元々は大正11年建築の温泉旅館で、
国の有形文化財にも指定されており、
歌人・斎藤茂吉も愛したという、由緒ある建物の山城屋さん。

そんなモダンな建物で、
夏季限定の名物かき氷・「氷すい」
食べることができます。

 

◆「かき氷」は、山形の夏の風物詩

_SDI1549

氷すい・アロニア味

猛暑で知られる山形の夏。

「山形のだし」や
「冷たいラーメン」に、
「尾花沢スイカ」など、

じとっとして、まとわりつくような
山形の暑さを凌ぐための食べ物も多いのですが、
近年、特に注目を浴びているのが「かき氷」!

とある有名店では、
待ち時間2〜3時間以上の行列ができることもあり、
かき氷ブームは山形に限ったことではないのかもですが、

ここ数年、山形の夏の風物詩として、
ちょっとしたブームになっているように思います。

◆期間限定・アロニア味

時間帯が良かったのか、
今回の山城屋さんではそれほど混んでおらず、
蔵王連峰を眺めることができる和室から、
「氷すい」を食べることができました。

今回は、期間限定のアロニア味。
アロニアは聞きなれない名前ですが、
脂肪燃焼効果があるらしく、
「奇跡のフルーツ」とも呼ばれているんだとか…

ブルーベリーよりも渋みが強い感じで、
娘はちょっと苦手だったようですが、
大人にはちょうど良い甘さでした^^

ちなみに、アロニアは、
上山市でも栽培しているんだそうです。

◆夏の山形では、ぜひ、かき氷巡りを

今回ご紹介した山城屋さんの「氷すい」以外でも、
美味しいかき氷を提供しているお店が、
自分が知っているだけでも5〜6件はあります。

夏の山形を楽しむための手段として、
ぜひ、かき氷の食べ歩きも楽しんでみてください。

そして、美味しいかき氷を見つけたら、
教えて頂けると嬉しいです^^

 p.s
いただきます

まるつね果樹園さんで企画中の、ドキュメンタリー映画「いただきます」

一緒になごなごブログを書いているまるつね果樹園さんが、
7月に食育に関するドキュメンタリー映画の上映を企画されています。

福岡県のある保育園では、
子供たちが毎月100kgの手作り味噌を作っていて、
玄米・手作り味噌の味噌汁・旬の野菜などの、
昔ながらの和食の給食を、毎日もりもり食べているんだとか…

その秘密と食育を学びに、
自分も、娘と一緒に参加してきます^^

映画の詳細はこちらから↓↓↓

◆ドキュメンタリー映画「いただきます」上映会
https://www.facebook.com/events/229930704161018/?active_tab=about

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

お米を配送してくれる業者さん

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

今日はちょっとお米と直接の関係はないんですが、
お米を配送してくれる運送業者さんのお話を…

IMG_2940

ニャマゾン

◆ヤマト運輸の配達時間帯枠の変更

先週、ヤマト運輸の配達時間指定枠の変更がありました。

ニュースでも幾度となく取り上げられているので、
ここでは細かい内容の記載は避けますが、

ドライバーさんがしっかりお昼休憩できるよう、
12時~14時の時間帯指定が無くなり、
夜間の時間枠も変更されました。

img_anchor02_01.gif

利用者から見ると不便になるのですが、
ドライバーさんのことを考えると妥当だろうなと思います。
(若いころに、ヤマトで繁忙期の配達ドライバーの
バイトをしたことがありましたが、車中でお昼ごはんはよくありました…)

◆尾形米穀店でお願いしている運送会社は…

尾形米穀店では、
ヤマト運輸と佐川急便の2社と契約して、
県外へのお米の配送をお願いしています。

配送する地域やお米の重量によって使い分けていますが、
「1社だけに頼るリスク」というのもあるので、
いざという時のためにも、分散してします。

配達時間指定の正確さや利便性は、
ヤマト運輸の方が正確だと言われています。
(営業所の数が15倍位違いますからね^^;)

また、離島を除く日本全国に
2日以内に届けてくれるサービスも、
ヤマト運輸の方に軍配が上がります。

一方で佐川急便は、
重たい荷物も快く持っていってくれるので、
(ヤマト運輸は25㎏以上は送料が高く、配達日数も掛かる)
大口発送の時には欠かせません。

ただ、ウチに来てくれるドライバーさんは、
どちらの会社も感じが良く、荷物も確実に、
お客様の下に届けてくれていて、本当に頭が下がります。

どちらの会社も、米屋をしていく上で欠かせない存在です。

◆Amazonの運送会社化?

今回のヤマト運輸の配達時間帯枠の変更や、
10月に予定されている運賃の値上げなどは、
Amazonからの荷物の増大が、大きな要因と言われています。

amazonプライムのお急ぎ便のように、
利便性が上がるのは非常にありがたいんですが、

お米を確実に届けてくれる業者さんの
サービスが落ちてしまうのは非常に困ります- -;

海外では、
Amazon自体が運送会社を立ち上げるという事例も実際にあり、

Amazon logistics

日本でももしかすると、
Amazon運輸が誕生する可能性もありますが…

できれば、既存の運送会社とAmazonの住みわけが上手くいって、
共存してくれる形が、個人的にはありがたいなと思ったりします。

ということで、今日は配達時間帯枠の変更と運送会社の話と言う、
あまりお米とは関係ない記事でした^^;

 p.s
いただきます

まるつね果樹園さんで企画中の、ドキュメンタリー映画「いただきます」

一緒になごなごブログを書いているまるつね果樹園さんが、
7月に食育に関するドキュメンタリー映画の上映を企画されています。

福岡県のある保育園では、
子供たちが毎月100kgの手作り味噌を作っていて、
玄米・手作り味噌の味噌汁・旬の野菜などの、
昔ながらの和食の給食を、毎日もりもり食べているんだとか…

その秘密と食育を学びに、
自分も、娘と一緒に参加してきます^^

映画の詳細はこちらから↓↓↓

◆ドキュメンタリー映画「いただきます」上映会
https://www.facebook.com/events/229930704161018/?active_tab=about

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

交流祭と雪若丸

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

◆山形なごなご交流祭

交流祭

昨日は第2回・山形なごなご交流祭ということで、
天童のじゃがらもがら森林広場で楽しんできました。

「山形の自然の中で運動をして、
自然の中で美味しい物を食べて、
皆でのんびり楽しもう!」

というコンセプトなので、

「祭り」とは名がつくものの、
人をたくさん集めて何かする感じではなく、

親しくしてるお客様たちと、
自然の中で一緒に遊ぼう!
と言った感じのゆるいイベントです(笑)

イベントの詳細はmiziziさんに譲るとして…
今後も2ヶ月に1度くらいのペースで、
開催していけたら良いな~と思っています。

_MG_6540

交流祭の特権 アウトドアでの空中ヨガ

◆【雪若丸(山形112号)】の食べ比べ

さてさて、話変わって…
最近、まだ本格デビュー前の試験栽培のお米の、
【雪若丸(山形112号)】を、少しだけ入手しました。

昨年12月に、
お店で2度ほど試食会を開催したので、
今回も皆で試食しよう!ということで、
なごなご交流祭でも、雪若丸を用意してみました。

◆雪若丸とササニシキの食べ比べ

_MG_6557

漬物はササニシキで食べるのが好き

 

丁度、昨日の交流祭では、
山形市内で自然食品で作った弁当の配達や販売をされている
「風土然(ふうどぜん)」さんから、

おいしい「卵」と「山形のだし」を
ご提供いただける事になっていたので、

「卵かけごはん」 → 雪若丸

「山形のだし」  → ササニシキ

が相性が良いかなと思って、
この2品種の食べ比べを用意してみたところ…

完食!!

ササニシキ3合と、
雪若丸を3合+おかわり分3合で、
合計9合(1.35kg)を炊いた分、全て完食頂きました(笑)

◆雪若丸+卵かけごはん=◎

_MG_6561

美味しい卵で雪若丸 美味しかった

風土然さんに持ってきて頂いた、
「卵」や「だし」が美味しかったのは間違いないですが、
実際、雪若丸には卵かけごはんがよく合います。

米粒が大きくて食べ応えがあるので、
卵かけごはんでずるずるっと食べても、
米の食感がしっかり残ってるんですね。

雪若丸の最大の特徴は、
この「食感」だと思っていますが、
固めに炊いた時に、特にその傾向が強く出てきます。

固めに炊くのが好みの尾形家なんですが…
雪若丸に関しては、通常の水加減で炊く方が
美味しく食べれそうだな~という気がしています。

今回のような交流祭や試食会を通じて、
皆で食べてみての感想もたくさん聞いていきながら、
雪若丸の特徴を掴んでいきたいですね^^

というわけで、
また、試食会を開催する予定なので、
機会があれば、ぜひ参加して頂けたら嬉しいです^^

p.s
雪若丸の本格デビューは来年の秋になりますが、
尾形米穀店では今年の秋から雪若丸を入手できそうです。
(しかも、食味最優秀賞を受賞した農家さんの特別栽培米の雪若丸)

でも、数はそれほど多くないはずなので、
食べてみたい!という方は、ぜひ、お問合せ下さいませ。

p.p.s

いただきます

まるつね果樹園さんで企画中の、ドキュメンタリー映画「いただきます」

一緒になごなごブログを書いているまるつね果樹園さんが、
7月に食育に関するドキュメンタリー映画の上映を企画されています。

福岡県のある保育園では、
子供たちが毎月100kgの手作り味噌を作っていて、
玄米・手作り味噌の味噌汁・旬の野菜などの、
昔ながらの和食の給食を、毎日もりもり食べているんだとか…

その秘密と食育を学びに、
自分も、娘と一緒に参加してきます^^

映画の詳細はこちらから↓↓↓

◆ドキュメンタリー映画「いただきます」上映会
https://www.facebook.com/events/229930704161018/?active_tab=about

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================