2017新米レビュー①:どまんなか

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

ここ最近の休みは、
家族と過ごすことが多くなっています。

◆娘と一日デート

IMG_3324

巨木と娘(笑)

昨日も娘と、

相撲をしたり、
紙芝居を読んだり、
押し入れに一緒に隠れたり、
巨木を見せに行ったり、
本屋さんに行ったり、
塗り絵をしたり、
公園まで走って行ったり、
「はらぺこあおむし」のかるたをしたり…

と、丸一日、
娘とデートしていました^^

結果、
いつも以上にパパ大好きに(笑)

でも、一日一緒に遊んでいると、
また少し成長したのを感じます。

月並みですが、
子供の成長を見るのは楽しいな~と、
改めて感じるのでした^^

◆新米を試食した感想をまとめていきます

前置きが長くなりましたが、
今日の本題で。

先週から入荷してきた新米は、
もちろん、自分達でも試食しています。

今年の新米の傾向や食味・特徴を、
お客様に伝えるために、また、
今後の自分のスキルアップのためにも、
試食した新米の感想をまとめていきたいと思います。

第一弾はこのお米です。

◆和名川ファーム産どまんなか

和名川どまんなか

「雄司さんが、1番好きな品種は何ですか?」

と、聞かれた時に、
迷わず答えるのがこの品種。
【どまんなか】です。

【どまんなか】の新米レビュー

  • お米の旨み ★★★☆ (3.5)
  • お米の食感 ★★★★★(5)
  • お米の粘り ★★★  (3)
  • お米の香り ★★★★ (4)
  • お米のツヤ ★★★★ (4)
    ※1 5段階評価で、粘りに関しては5に近づくほど粘りが強くなります
    ※2 上記はあくまで、尾形雄司の個人的な感想です。

◆「おかずが進む」どまんなか

尾形が【どまんなか】を好きな理由、
色々ありますが、1つだけ挙げるとすれば、
「おかずが進む」んですね。

【どまんなか】の品種の特徴としては、
粘りは控えめで、お米の甘みもそれほど強くはありません。

ただ、
お米の粒は尾形米穀店のお米の品種の中で最も大きいので、
食感が抜群に良くて、食べ応えがあります。

特に、
丼物との相性は抜群に良く、
米粒と米粒の間にタレが絡んで、
おかずの美味しさをより引き出してくれます。

今年の新米でも、
そんな【どまんなか】の特徴はしっかり出ていました。

大粒なお米は食感が良いものが多いですが、
どまんなかの場合は粘りが控えめなので、食べやすいんですね。
これで夢ごこちとかミルキークイーン並の粘りがあると、
おそらく、食べづらくなるだろうなという感じがします。

新米なので、ツヤと香りも良く、
主張しすぎない。ほのかな甘みが感じられ、
おかずをパクパク食べることができました^^

◆和名川ファームさんに感謝

IMG_5352

和名川ファームの皆さんに感謝です

元々は、
1992年にはえぬきと共にデビューした【どまんなか】。

翌1993年の大冷害では壊滅的な被害を受け、
その後は徐々に栽培されなくなっていき、
今では、栽培している農家さんは殆どいません。

そんな【どまんなか】を、
農薬控えめで栽培(特別栽培米)して頂いている、
和名川ファームさんには心からの感謝です。


というわけで、
新米レビューの第1弾で、
【どまんなか】の感想でした^^

今年入ってくる全品種の感想を、
より分かりやすくお伝えできるように試行錯誤しながら、
まとめていきたいと思います。

少し長文になりがちですが、
また、読んでみて頂けたら嬉しいです^^

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

新米入荷続報&勝つんだ企画

どうも、五つ星おこめマイスター尾形です。

先々週のおはなし、横浜スタジアムに行ってきました。

青く染まるスタンドは何度行ってもワクワクさせてくれます。

DSCPDC_0003_BURST20171001173540778_COVER

そんななか、広島カープとの2戦、見事目の前でクライマックスシリーズ進出を

決めてくれました。

一緒に観戦していたベイスターズ友達とハイタッチしまくり。

第三目標にはなりましたが、成し遂げる瞬間を見届けられたのは

一生忘れないと思います。楽しかった~( *´艸`)

received_1340573196071277

FB_IMG_1506820148436

皆さんと記念撮影☆

さて、レギュラーシーズン終了からしばらく、軽いベイロスになりかけていましたが、

いよいよ明日14日から甲子園球場にてクライマックスシリーズ開幕☆

DSC_9840

こんな特集も♪

心から応援しますよ!

そして、先日こちらでお知らせしましたが、いよいよ実行。

【☆勝つんだBAYSTARS☆】

明日からCS,日本シリーズまでベイスターズの試合がある限り、応援のお言葉をいただければ

いつものお米プレゼントです♪さあ、がんばれ!ベイスターズ( `ー´)ノ

鶴岡市和名川ファーム産の新米入荷

今年は想像以上に新米の出回りが遅れていましたが、

先日のミルキークィーンに続いて和名川ファームさんの

【つや姫】【はえぬき】【どまんなか】

DSC_9849

の三品種が入荷いたしました。早速本日から販売、発送を開始しております。

やはり庄内も青い未熟粒の割合が例年より多いそうです。

12日でまだ稲刈りが終わっていないとのことでした。

DSC_9851

どまんなか

ただ、

「見た目はちょっと悪いけど、味はなかなかいいよ」

と、和名川ファームの高橋さんのお言葉。

ちょっと安心です。まだ試食もできていませんが、

頂くのがたのしみです。

新米情報は随時更新しますね~(^_-)-☆

今週もありがとうございました(^^♪

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

季節&数量限定!新米と古米の食べ比べ

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

月曜日は休みで書けなかったので、
今週は木曜日に入らせて頂きました^^;

◆新米入荷しました♪

昨日、平成29年産新米の第一弾の仕入れで、
再び大蔵村に行ってきました。

IMG_3263

先日は稲穂だったミルキークイーンが…

生産者の柿崎さんの第一声は、

「今年も、農家泣かせの気候だね – -;」

ということで、
これまでも何度も話を聞いてはいますが、
今年も順風満帆にはいかなかったようです。

稲穂が出てから登熟までに時間が掛かったので、
先に出た穗は刈り遅れになりそうだったし、
遅く出た穂は熟しきれていなかったりと、
難しい中での収穫となったようでした。

IMG_3319

無事、収穫されました!

実際に、頂いた新米を見てみると、
今年は少し「生き青(いきあお)」と呼ばれる緑の粒が多め。
例年よりも、成熟しきれなかった部分はあるかもしれません。

ちなみに、この「生き青」は、
入っていたらダメと言うわけではなく、
逆に、少し入っていた方が美味しいと言われており、
あえて「生き青」を少し残す農家さんも多いです。
(「生き青」が入ると、瑞々しいお米の香りが強くなるんですね)

あとは、
つや姫の収穫を近日中に行うとの事。
また来週か再来週には、大蔵村を再訪することになりそうです。

◆この時期限定!同じ品種の新米・古米食べ比べ

というわけで、
ようやく尾形米穀店にも新米が入ってきましたが、
この時期限定の、オススメの食べ比べがあります。

それは、同じ品種の新米と古米の食べ比べです。

◆低温倉庫で保管された古米は熟成される

去年も書いたのですが、
1年間通して、低温倉庫で保管されたお米(←この条件が重要です)は、
ワインやチーズなどと同じく、熟成されます。

Woman holds glass of wine before bunch of grape lying on black p

お米もワインなどと同じく、熟成されます

一般的なイメージとして、

  • 「新米 = 美味しい」
  • 「古米 = 美味しくなくなったお米」

というイメージが強いと思いますが、

尾形米穀店のお客様で、
東京都内にある、ミシュラン一ツ星のお寿司やさんでも、

「新米ではなく、味の良い古米を送ってほしい」

と言うように、あえて、
熟成されたお米を好んで使う方もいます。

この「熟成されたお米=古米」には、
以下のような特徴があります。

◆ 味 食感 粘り 香り↘ ツヤ↘

お米を玄米の状態で低温倉庫に保管し、
しっかりと管理した上で熟成させると…

  • お米の旨み ↗
  • お米の食感 ↗
  • お米の粘り ↘
  • お米の香り ↘
  • お米のツヤ ↘

という効果が出てきます。

熟成させると、お米の風味が強くなり、
澱粉質の変化で、米粒が潰れにくくなるので、
お米を噛んだ時の食感がしっかりしてきます。

また、粘りも少し弱まるので、
粘りが強いモチモチとしたお米は、食べる方の好み次第ですが、
今の時期の方が食べやすいと言えます。

逆に、香りや色ツヤは、これはもう新米の方が断然上です。
精米した時の香りや手触りでも、新米と古米は全く違うので。

まとめると…

新米には新米のおいしさがあり、
古米には古米のおいしさがある!

ということなんですね。

そして、それぞれの良さをはっきり味わえるのが、
古米から新米に切り替わるこの時期。と言う訳です。

◆新米・古米の食べ比べができる品種は?

尾形米穀店のお米のラインナップで、
同じ品種での新米・古米の食べ比べが味わえるのは、

・ミルキークイーン
・和名川ファーム産はえぬき

現時点では、この2品種のみとなっています。

どちらの品種も28年産の在庫はあと1袋(30㎏)位しかないので、
数に限りはありますが、今年はこの2品種で、
新米・古米の食べ比べセットを用意しようかと思っています。

店頭で見かけたら、ぜひお試しください^^

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

新米直前の産地訪問@大蔵村

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

◆ミルキークイーンの28年産再入荷

先週末のある日、

「28年産のミルキークイーンがまだ少しあるんだけど、いりませんか?」

と、大蔵村の生産者・柿崎さんから電話を頂きました。

IMG_3261

まだ稲穂のミルキークイーン。穂がしっかり熟すまで待ちます。

ミルキークイーンも既に新米予約に切り替えているし、
新米もあと10日ほどで収穫が始まるようなので、
正直、少し悩んだのですが…
(10日前なら二つ返事でOKだったんですけどね^^;)

収穫直前の稲穂も見てみたかったし、
直接、生育状況も伺いたかったので、
最終的に一俵(60kg)だけ、仕入れすることになりました。

◆今年の新米はやっぱり遅れ気味

IMG_3263

だいぶ実ってきてるけど、まだちょっぴり青い

そして9月29日。
実際に、大蔵村に行ってきました。

最近は天気の良い日も多かったので、
稲穂も実って、生育は進んでいるように見えますが、
素人目に見ても、やっぱりまだ少し青っぽい。

 

柿崎さんは収穫作業中だったので、
事務所(工場)で作業されていた加藤さんに話を伺いました。

「ミルキークイーンは、あと10日〜2週間。
 つや姫はまだまだ。あと2週間以上は掛かりそう。」

だそうです。
やはり、全体的に遅れがちのようですね。

伺った時は丁度、
29年産のはえぬき新米第一号を精米していた所だったので、
はえぬきについても話を伺ってみると、

「このはえぬきは、大きい所から頼まれたやつでね、
 本当はちょっとまだ収穫には早いんだけど…
 でも、出来自体は悪くないかな。」

やはり、
この時期にスーパーなどに納めるためには、
熟しきらずに収穫せざるをえなくなってしまうんですよね…
(だから、出始めの新米には手を出すなと言う訳です)

IMG_3266

山の陰になる所はさらに青い。

尾形米穀店でも、
早めの収穫をお願いしようと思えば出来ると思うのですが、

ここで急いで収穫してもらうと、
しっかり熟しきれておらず、本来の味ではないお米を、
お客様に提供してしまうことになります。

これでは、
生産者も
販売者も
お客様も、
誰も喜びません。

なので、何度でも書きますが、
生産者さんの熟練の目にかなう位に稲穂が熟すまで、
収穫して頂くタイミングをしっかり待ちます。

最後に、生産者としてのプライドを感じるのがこの一言。

「最近のはえぬきって、
 デビューした時(1992年)みたいな、
 食味の良さが出ていないのが多い気がするんだ。

 ウチのはえぬきは、本当のはえぬきの味が出てると思うから、
 ちょっと尾形さんも食べてみて、感想聞かせて!」

というわけで、
はえぬきの29年産新米も5㎏、頂いてしまいました(笑)

IMG_3287

新米はえぬきは見た目ピカピカ。でも、未熟粒も見られるので、やっぱりもう少し待ちですね。

こういうこだわりとプライドを持っている、
「匠」と呼べるような生産者さんのはえぬきは、
間違いなく美味しいと思います。

◆米と蕎麦のW収穫だそうです

大蔵村の柿崎さん・加藤さんの所では、
お米だけではなく、蕎麦の栽培もしているので、
これからの時期は、お米と蕎麦のW収穫で大忙し。

体調を崩さずに、今年の収穫期も乗り切って頂きたいですね。

p.s
というわけで、ミルキークイーンの28年産が再入荷しました。

今は、新米・古米の両方が美味しい時期ですが、
この時期限定の食べ比べ方法があるので、
今度、それもご紹介しますね^^

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

緊急企画☆勝つんだBAYSTARS☆

んにちは!五つ☆彡おこめマイスター尾形厚志です。

日を追うごとに秋の空気に変わりつつある山形市。

遅れている新米もようやく少しずつめどが経ち始めました。

熟練の生産者さんたちの仕事に期待しながら、もう少しだけお待ちくださいね(”◇”)ゞ

今週は手短に、しかも野球の話(;・∀・)

始まったばかりと思っていたベイスターズの戦いも残すところあと5試合。

しかもこの5試合でCS進出を争うという大混戦。

そんななか、東北のCLUB BAYSTARSを代表して、今週末の広島戦に

参戦してきます!!楽しみですね~(^_-)-☆

テレビの前にいたって勝ちたいんだから、現地なら当然もっともっと勝ちたい気持ちは

大きくなります。

そこで、

緊急企画☆勝つんだBAYSTARS☆

を発動いたします。

たった今から、CS争の決着がつくまで、前日の結果関係なくベイスターズに

応援・励ましのお言葉をいただけたら

2kg以上のお買い上げでお米2合プレゼントしちゃいます!

DSC_9719

店頭にはレジェンド三浦番長ユニを掲げました。

1998優勝時のレプリカを見て、ぜひベイスターズを応援してください!(^^)!

歴史の目撃者になれるかな?張り切って参戦してきます( `ー´)ノ

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

「さちわたし」で栗ごはん

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

◆「さちわたし」というお米

%e3%81%95%e3%81%a1%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%a8%e5%a4%a2%e3%81%94%e3%81%93%e3%81%a1

当店のお米の中に、「さちわたし」というお米があります。

山形県で開発され、山形でしか作られていないお米ですが、
聞きなれなくて当然で、生産者は世界中でただ1人しかおらず、
販売しているのも、生産者さんと尾形米穀店の2軒だけです。
(※28年産は完売しており、29年産の新米入荷待ちです)

この超希少品種の「さちわたし」ですが、
実際に食べてみると、実に地味な味わいです^^;

「夢ごこち」のように一口食べて美味しい!と感じる米でもなく、
「ミルキークイーン」のように粘りが強いわけでもなく、
「つや姫」のように見た目がキレイというわけでもありません。

けっして、美味しくない訳ではなく、
美味しいのですが、自己主張があまり強くないお米なんですね。

そんな地味なお米の「さちわたし」ですが、
また1つ、美味しく食べる方法を見つけました。

◆旬のあじわい 栗ごはん

先日、妻から28年産の最後のさちわたしを使って、
栗ごはんを作ってもらいました。

_MG_8213

さちわたしで栗ごはん

「さちわたし」の最大の特徴は、
柔らかな炊きあがりと優しい味わい。

その特徴が、
栗ごはんのほのかな甘みや香りと、
とっても相性が良く感じました。
(妻が上手に作ってくれただけかもしれませんが^^;)

また、少しだけもち米をブレンドして、
ふっくらとした粘りが出たのも、
美味しく感じられた理由かもしれません。

◆炊き込みごはんとさちわたし

元々、焼き魚や味噌汁などの、
和食との相性が良いお米ですが、

これからの季節、
キノコなどとの炊きこみごはんにしても、
きっと相性が良いだろうなぁと思うので、

美味しいキノコが手に入ったら、
また、妻にお願いして作ってもらおうと思います^^

◆さちわたしの新米は10月下旬ころ

今年の秋も「さちわたし」の入荷を予定しています。

超・希少品種で生産量が少なく、
店頭にも並べていないお米なので、
基本的には贈答用でしか、販売はしていません。

でも、「さちわたし」に興味を持って頂いた方には、
ぜひ、この優しい味を味わって頂きたいと思っています。

新米の入荷時期などをご連絡していますので、
さちわたしを食べてみたい!という方はぜひ、
↓のフォームより、お問合せを頂けたらと思います。

さちわたしに興味を持って頂いた方に、
新米の入荷情報などをご連絡しています

p.s
連休中は、薪を割ったり、
早朝に自転車で巨木を見に行ったり、
1日中子供と遊んで過ごしたりで、
ノンビリと過ごしました。

IMG_3252

近所の公園でブランコ遊び

IMG_3251

家から自転車で5~6分の所に、こんな巨木が

IMG_3242

自転車で走ると気持ちが良い

やらないといけないことが進まなくて、
ヤキモキする部分もあるのは否めませんが、
娘がすごく満足そうにしてくれているので、
こんな連休の時間の使い方も大事ですね。

今日からまた、頑張っていきます。

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

産地訪問

金色に輝く田んぼが見たかったんです

こんにちは。五つ星おこめマイスター尾形です。

今週はお世話になっている生産者さんのうち、3か所を訪問してきました。

いつもこの時期は取引を終えているため機会がないのですが、

前々から実ったお米を見たいと思っていたので

祝日に子供たちの野球がないという奇跡的な日程もあり、

初めてにして楽しい時間を過ごせました。

和名川ファームさん

最初は鶴岡市(旧藤島)の和名川ファームさん。

IMG_5352

台風の吹き返しが残る中、それぞれの品種の田んぼを案内していただきました。

列島に被害をもたらした台風18号も被害はほとんどなかったそうで、一安心です。

お米が実った広大な庄内平野はやはり圧巻ですね。

IMG_5345

IMG_5349

訪問翌日から刈り取りが始まったそうですが、こちらからは

【どまんなか】【はえぬき】【つや姫】

を入荷予定しています。

楽しみですね\(^o^)/

みどり農場清水さん

庄内からの帰り道、大江町の清水さんを訪ねました。

IMG_5393

残念ながらお忙しいさなかでお会いできませんでしたが、

夢ごこちの田んぼに寄らせていただき撮影。

遅い品種だけあって、やっぱり青々しく感じます。

IMG_5394

でも、背丈は高いんですよね。栽培が難しい所以でしょうか。

じっくり、ゆっくり、おいしいお米になりますように☆彡

清水さんからは

【夢ごこち】【つや姫】【コシヒカリ】【ひとめぼれ】

を入荷予定です。

おきたま興農舎さん

日を改めて、今度は高畠町のおきたま興農舎さんにお邪魔しました。

IMG_5396

つや姫と頼まれて栽培したというはえぬきを見せていただきました。

ちょっとヒエがあるな、なんて言ってましたが、こちらも実績のある生産者さんたち。

おいしいお米、楽しみにしています。

IMG_5407

はえぬきの刈り取りをしている現場へ。刈り取りが終わったらすぐ耕すんですって。

地温が高いうちにかますことでわらの分解が進むんだそう。

IMG_5409

IMG_5411

また一つ勉強になりました(*´ω`)

こちらからは

【つや姫】【ササニシキ】【つや姫パックライス】

を入荷予定です。

いつ頃?

気になるのは入荷時期ですよね。

皆さん口をそろえて5~10日位遅れているとのこと。

こればかりは自然相手ですから、焦ってもしょうがありません。

一年間美味しいお米を食べられるようにみなさんの腕の見せ所です。

10月中旬から下旬にかけて揃ってくると思います。

ご期待ください<m(__)m>

今週のラーメン

庄内と置賜。それぞれ訪問した先で食べてきました。

1件目、鶴岡の鷹之巣さん。

DSC_9673

特製豚骨らーめんをオーダー。麺と具が別に出てくるんですね。

めちゃくちゃ好みのお味でした。

元気のいいご主人が帰り際

「大将、ありがとう!」

と声をかけてくれました。また行きたくなるお店です。

2件目、南陽市の麵屋葵さん。

何回も通う大好きなお店。

DSC_9682

準レギュラーメニューの豚骨醤油ラーメンをオーダー。

醤油の香り、味わいが絶品、おいしくいただきました。

山形に出店してほしいと常々思います。

 

今週もお読みいただきまして、ありがとうございました。

来週はCS争いが続くハマスタへ参戦の予定、楽しみです。

その様子も後日こちらでお知らせしますね(*´ω`)

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

今年も書きます。出始めの新米には手を出すな!

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

昨日、外出していて書けなかったので、
一日遅れでの投稿になります^^;

◆仙台市天文台と感性の森

連休は妻の実家の仙台に行き、
お出かけしたり、子供と遊んだりでノンビリしてきました。

特に、昨日訪れた仙台市天文台と、
錦ケ丘ヒルサイドモールの中にある、
「感性の森」という、子供が室内で遊べるスペースは、
何回でも子供を連れていきたくなるような場所でした。

山形からも近いので、お子様連れの方にはオススメです^^

IMG_3232.JPG

東北最大のひとみ望遠鏡で、日中の金星を見る

IMG_3228

感性の森の中にある、樹のボールプール 歩くと痛いけど、気持ち良い(笑)

◆出始めの新米には手を出すな@2017

先日、
なごなごブログの管理画面を見ていたら、
去年書いた投稿なのに、
たくさんのアクセスがある投稿を見つけました。

その投稿がこちら↓↓

出始めの新米には手を出すな

これから丁度、新米の時期なので、
googleやYahoo!で新米に関する検索をして、
この記事を読んで頂いたようですね。
(以前の内容も読んで頂けて、ありがたいことです)

この記事の内容は、
毎年繰り返し伝えたい事でもあるので、
去年の記事の繰り返しになりますが、
今年もあえて、書きたいと思います。

尾形米穀店で、
出始めの新米には手を出さない理由、
ぜひ、読んでみて頂けたら嬉しいです^^


9月に入り、稲穂がだいぶ頭を垂れてきました。
早稲(わせ)の品種では収穫も始まり、
まもなく、山形でも新米の時期を迎えます。

稲穂3

尾形米穀店では、先々代(祖父)から言い伝えられている、
家訓のようなものがあります。
それは、

「出始めの新米には、手を出すな!」

です。

◆「新米=美味しい!」とは限らない

この時期になると、よくお客様から聞かれるのですが、

「新米はもう出ました?新米の方が美味しいから、早く食べたいです。」

確かに、新米はツヤも舌触りも良くて、美味しいです。
さらに、炊きたての香りも抜群に良いので、食欲をそそりますよね。

でも、一番最初の出始めの新米に関しては、
必ずしも「新米=美味しい」とは言えないのが、米屋の本音です。

◆「売り手側の都合」に合わせたお米の収穫

出始めの新米をオススメできない理由は、
大手のスーパーや百貨店などの、売り手側の都合です。

この時期になると、各店舗で新米フェアなどが開催されると思います。

新米の入荷時期が早ければ早いほど、お客様の目を引くので、
スーパーや百貨店では、新米フェアの時期に間に合うように、
契約農家の方に早めに収穫してもらうケースがあります。

でも、これはあくまで売り手側の都合で、
稲穂の成熟度合いを完全に無視しています。

要は、
稲穂がまだ熟しきっていないけど、

新米フェアが始まるので収穫する。

ということが、実際の所、かなり多くあります。

祖父の代には特に、その傾向が顕著だったのかもしれませんが、
そのような事情もあって、出始めの新米は品質が安定しない事が多かったようです。

◆稲穂が熟すまで、あと10日待ってほしい

これは実際に昨年、農家さんに聞いた話です。

2015年の10月1日、当店とお付き合いのある農家さんに、
稲穂の生育状況についての電話をした時の事…

尾形   「新米の生育状況はどうですか?」

農家さん 「今年はちょっと登熟(とうじゅく:稲穂が実ること)が遅くて。

      実は昨日、業者さんに急かされて、
田んぼ1枚だけ刈ってみたんだけど…全然ダメ。

      こんなお米は尾形さんの所に出せないから、
もう10日位待ってもらえないかな?」

という、やり取りがありました。

もちろん、収穫のタイミングは農家さんにお任せして、
プロの目から見て、しっかり稲穂が実ったと判断できた時に収穫して頂きました。

◆10日待つだけで、年間通して美味しいお米が手に入る

平成27年産のつや姫は、お盆明けからすぐに寒くなったので登熟が遅く、
生産者や産地によって、かなり、出来ばえに差のあるお米でした。
(収穫を急いだところ、例年通りに収穫した所は品質が良くなかったようです)

そんな中でしたが、当店とお付き合いのある農家さんは、
周囲に流されることなく収穫を急がず、田んぼごとに異なる稲穂の生育状況を見極め、
しっかり稲穂が実ったタイミングで収穫してくれた方ばかりだったので、
自分たちも自信を持って、お客様に新米をオススメすることができました。

お客様からも、

「こんな美味しいお米、はじめて食べた!」

「今まで食べたつや姫って、何だったんだろう…」

など、例年以上の好評を頂けました。

10日仕入れを遅らせただけで、1年間通して喜んでもらえる、
美味しいお米を仕入れることができた訳です。

◆新米を買うタイミングは?

では、いつ頃に新米を買えばよいのでしょう?

あくまで個人的な感覚で確証はないのですが、
スーパーや百貨店で新米が出始めてから2~3週間後位からが、
美味しい新米を買えるタイミングかなと考えています。

その他、購入するときのポイントをまとめてみました。

◆スーパーや百貨店では

残念ながら、スーパーや百貨店で一般的に流通しているお米は、
はっきりした収穫時期が解りません。(生産者すら解らない場合も)

なので、最初の新米フェアから2~3週間経っても、
熟しきっていない状態で収穫されたお米が販売されていることは多いと思いますが、
それでも、出始めの新米よりは良いのではないのかなと推測します。

◆お米の専門店や産直では

専門店や産直の場合は、店員さんに、おおよその収穫日や入荷日、
それまでのお米の生育状況などを聞いてみましょう。

農家さんとしっかり繋がっていれば、きっと詳しく話してくれると思うので、
出来の良い、イチオシの新米なども紹介してくれるかもしれません。

◆尾形米穀店では

尾形米穀店では、
農家さんが最適と思った時期に収穫してもらうようにお任せしているので、
どうしても新米の入荷や販売が遅くなるのがデメリットです^^;
(10月にならないと、新米は殆ど入りません)

でも、農家さんからは収穫時期と、それまでの生育状況を聞いていますし、
農家さんが一番良いと思ったタイミングで収穫したお米を、
ベストのタイミングで販売できるのが強みと言えます。

◆まとめ 新米を買うのは少し待ってからがオススメです

まとめると、

  • シーズン最初の出始めの新米は、
    稲穂が実り切っていない状態で収穫されたお米が少なからずある
  • その為、品質が良くない場合や、食味が安定していない場合が多い。
  • こだわっている農家さんは、稲穂がしっかり熟すタイミングを待ってから収穫している。
  • 新米を買うのは、スーパーや百貨店で新米が出始めてから2~3週間は待った方が良い。
  • 尾形米穀店の新米の販売は遅い(笑)

 

という感じですね。

新米を買う時の参考になれば幸いです^^

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

美味しいお米ください。

こんにちは。五つ星おこめマイスター尾形です。

今週は最初から手短に宣言(;´∀`)

テレビや新聞では新米の話題もチラホラ取り上げられるようになりました。

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、

今年は涼しい8月の気候が影響して5日~10日ほど新米の生育が遅れているようです。

尾形米穀店では毎年出始めの新米には手を出さないのですが(理由は別の機会に書きますね)

例年よりもさらに遅れての入荷となりそうです。

今しばらくお待ちくださいね(*’ω’*)

お好みのお米を探すため

タイトルにも書きましたが、

お客様によくいただく言葉です。

それに返す私の言葉。

「どのようなごはんがお好みですか?」

美味しいご飯。

値段が高ければいいのか。

決してそうではありません。

なにが良くて美味しいと感じるのか

また反対に何が悪くて美味しくないと感じるのか。

私たちはその原因から考えてお客様が美味しいと思っていただける

品種を選んでいるんです。

見た目は同じように見えるお米ですが、

それぞれのお米の食味を判別するとき、

「甘み」「硬さ」「香り」「白さ」「粘り」

などたくさんの項目で判断します。

実際食べ比べてみると、全然違うんですよ(^_-)-☆

お客様自身のお好みをぜひ私たちにぶつけて下さいね!

一度でダメなら何度でも美味しいと感じていただけるお米を

お勧めさせていただきます\(^o^)/

DSC_9670

我が家のフチコさんもベイスターズを応援しています(*´ω`)

ベイスターズのCS争いも佳境。頑張れ!I☆YOKOHAMA\(^o^)/

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================

 

3年越しの悲願達成

山形米の専門店 尾形米穀店
三ツ星お米マイスターの尾形雄司です。

2017年9月10日。
娘を山に連れて行きました。
記念すべき、娘の人生初の登山です^^

IMG_3193

姥ケ岳山頂からのパノラマ

◆3年前から計画していた月山登山

娘と一緒に山にいこう!
という構想自体は3年以上前からあり、
(なんせ、山用のベビーキャリアを、
生後2か月で買いましたからね・笑)

山形を代表する山の一つで、
妻とも一緒に登った思い出の山・月山(1979m)
登る計画は毎年のように立てていたのですが…

・3年前 → 親戚の不幸により中止
・2年前 → 娘の風邪により中止
・去年  → 多忙により中止

と、ことごとく頓挫…

そして今年。
3年越しの悲願が叶い、
ようやく娘の初登山を成し遂げることができました^^

21463338_1634878866605448_4031196457862549877_n

◆娘の初めての山は、月山・姥ケ岳

今回登ったのは月山ではなく、
月山の隣にそびえる姥ケ岳(1670m)。

リフトもあるので、
大人が歩けば往復で1時間も掛からない、
比較的、かんたんに登れる山ですが、

娘にとっては、

  • 初のリフト
  • 初の本格的な登山道
  • 初めての山頂でのおにぎり(笑)

と、初物尽くしの大冒険。

歩き始めて数分で「お家帰っておにぎり食べる」と言い出し…

「後ろ向きに歩くと、坂道は楽だよ(舗装路に限る)」とたしなめられ…

リフトは「動く椅子だよ~」と言ってごまかし…

登山道の木道は「電車ごっこだよ~」と言いながら登り…

山頂では雨がパラつく中での、おにぎりはむはむ。

「下山後に食べるアイスは美味しいよ!」と、励ましながらの帰り道…

全てが娘にとって新鮮だったようで、
駐車場に戻ってきた時には、

「お山、楽しかったね!」

と、言ってくれたので、
父はそれはもう、激しく満足です(笑)

◆山形が好きな子になってほしい

娘が何に興味を持って、
何を学んで努力していくのかは自由なので、
そこまで、山好きになってほしいという気はないですが、

1つだけ娘に思うのは、
「山形を好きになってほしい」
ということです。

かつて、日本全国を自転車・徒歩・車で回り、
日本全国の山にも登ってきた自分だからこそ、
自信を持って言えるのですが、

山形ほど、自然に恵まれ、食べ物も美味しく、
良くも悪くも昔ながらの風景・風習が残る所は、
そうそうないと思っています。

娘には山形の良さを知ってほしいし、
もっともっと伝えていきたいと思っているので、
まずは頑張った娘を「good job!!」とほめたたえ、
この秋に、もう一度山に行けるように誘ってみます(笑)

IMG_3195

次はどこのお山に行く?

ということで、
今日はお米と関係ないお話でした^^;

p.s
お米にも絡めた話を1つ。

山形の山に登ってて良いなと感じることの1つは、
お付き合いのある農家さんの田んぼに注ぐ、
水源の場所がイメージできること。

農家さんから、
「朝日連峰の銀玉水が水源」と言われればイメージがつくし、
「飯豊連峰の水が…」「月山の水を…」「葉山の水は…」
どの水の話を聞いても、あぁ、あそこの水だったら美味しいですよね。

というイメージが湧きます。
生産者さんとお米を選ぶ時の参考情報に、水は欠かせません。

================================
山形米の専門店 尾形米穀店

〒990-0057
山形県山形市宮町4-24-3
TEL : 023-622-4243
FAX : 023-622-4244
E-mail : info@ogatabeikoku.com
HP : http://www.ogatabeikoku.com/
Facebookページ : http://www.facebook.com/ogatabeikoku
営業時間 : 10:00-19:00
定休日 : 木曜・日曜・祝日
================================